Cara Therapeutics

Cara Therapeutics

2004に設立されたCara Therapeuticsはバイオ医薬品企業で、主にカッパオピオイド受容体に基づく急性疼痛、慢性疼痛、および掻痒を軽減するための新たなアプローチを持った製品の提供に焦点を当てています。

同社は50年~100年以上も変化のない疼痛管理業界に革命を起こしたいと考えています。Cara Therapeuticsは、モルヒネ、イブプロフェン、アセトアミノフェンなど、既存薬が長年持っていた副作用を回避する新製品に取り組んでいます。

臨床段階のこのバイオテクノロジー企業は、マリファナ関連株と考えられています。これは同社が患者の疼痛及び炎症反応を抑えるためにカンナビノイド(CB)受容体を研究しているためです。 同社はCR701と呼ばれる実験薬を開発しました。これは他の鎮痛剤が持つ中毒性の副作用無しに慢性疼痛の治療に大いに役立つ可能性のあるカンナビノイド薬です。

この製品は現時点において前臨床開発段階ではあるものの、同社の最も先進的な大麻ベース化合物です。実際に、同製品は薬用マリファナ市場におけるCaraの役割に大きな影響を与える強い可能性を秘めています。

Cara Therapeuticsの取引

  • 大麻投資および市場調査会社、The ArcView Groupによれば、北米の合法的レクリエーションおよび薬用マリファナの売上は2016年に34%増加し、69億ドルでした。 これは氷山の一角でしょうか?大麻に関する国民の意見が変化しており、その可能性はあります。人々と企業は現在、レクリエーション用マリファナの使用を受け入れています。これにより同社の売上と株価も恩恵を受けるはずです。
  • 2018年5月、Cara TherapeuticsとVifor Fresenius Medical Care Renal Pharma (VFMCRP)は、慢性腎臓病関連掻痒のための注射薬を開発し、販売する提携を交わしました。 このニュースはCaraの株価を大きく後押ししました。投資家たちはこの有望なパートナーシップによりCaraのKORSUVA注射薬が透析患者に届けられると見ています。 結局のところ、これが世界最大の透析提供会社が興味を示した分野でした。Caraのような小規模の臨床段階バイオテック企業と提携したのです!
  • パイプラインと呼ばれるCara Therapeuticsの新薬開発において、KORSUVA注射薬のようないくつかの薬剤はアメリカで第3相臨床試験に入っており有望なようです。 同社の製品が対象となる疼痛の治療に効果があると証明されれば、株価は今後数年で大きく上昇する可能性があります。

Cara Therapeuticsのような医薬品開発会社への投資は賢明な選択かもしれません。複数の投資家たちが、痛みを軽減するCB受容体を利用した製品を通じて急成長する、マリファナ産業を活用しようと考えています。

CARAを取引