ナイキ (NKE)

会社の歴史

ナイキは運動競技関連の衣類や靴を製造している最大手の企業です。 ナイキのブランドは世界中どこでも即座にそれと分かるもので、特にSwoosh (スウッシュ) のロゴや「Just Do It」のスローガンが有名です。 同社はBlue Ribbon Sportsとして1964年にオレゴン州で設立されましたが、その後、1971年に社名がナイキに変更されました。 同社は1980年12月に株式を公開しました。 1984年には、ナイキはバスケットボール選手のマイケル・ジョーダンとCM契約を結び、エアジョーダン運動靴の最初のモデルをリリースしました。 NBAはその靴を禁止しましたが、エアジョーダンはナイキが成功する糸口となりました。 現在、ナイキは、ランニング、テニス、ゴルフ、スケートボード用の靴やランニング用の衣類など、幅広い製品を製造しています。 ナイキはまたハーリー・インターナショナルとコンバースを所有しており、Niketownの小売店を運営しています。多くの有名なスポーツ選手やスポーツチームのスポンサーとなって、同社のブランドの認知度を高めています。

ナイキの取引: 知っておくべきこと

  • ナイキの年次報告書および四半期ごとの決算報告書は、同社の将来的な業績および売買の適切な時期に関して大きな洞察を提供してくれます。
  • マーケティング、広告活動、有名人の推奨 (同社製品が確かなものであることが、有名選手によるその使用などで実証されること) が、ナイキの成功と非常に密接に結びついています。 ナイキは、自社ブランドの広告のためにトップアスリートに同社の製品を使用してもらっています。 適切な時期に正しく製品への推奨が行われると、直接株価に影響します。したがって、トレーダーはナイキがリリースする最新のニュースに常に注意する必要があります。
  • FIFAワールドカップやオリンピックのような世界的なスポーツイベントは、ナイキがそのブランドと製品の販促を行うための絶好の機会となります。そして、同社はこうした機会での推奨や広告から利益を得ることができるのです。 トレーダーは、大規模な世界的なスポーツイベントがあったときは、株価の動向を注視する必要があります。
  • ナイキが新製品のラインを発表したり、革新を行ったりすると、売上高を伸ばす上で大きな役割を果たします。 予想されていた製品のリリースが期待以上の成果を出すと、株価は高くなる傾向がありますが、その一方、販売が思ったほど伸びないと、株価にマイナスの影響が出るでしょう。
  • ナイキの主たる競争相手 (アディダスなど) の業績も、ナイキの株価に影響するでしょう。 競争相手の売上高もナイキと同じように上下した場合、消費者の需要に変化が起きていることを示しているのかもしれません。

ナイキ株の取引を希望する方は、取引を行う前に同社について分析を行わなければいけません。

ナイキを取引する