シティグループ (C)

会社の歴史

シティグループは、米国政府によって「潰すには大き過ぎる」と呼ばれた四大銀行のうちの1つです。 同行は、シティコープ銀行とトラベラーズグループ (金融コングロマリット) 間の合併によって1998年に設立されたグローバルな金融サービス会社です。 シティグループは140か国で2億件の顧客口座を展開しており、世界中に16,000のオフィスを有しています。 同行のルーツは1812年にニューヨーク州が設立許可を発行したCity Bank of New Yorkにまで遡ります。 1895年までに、National City Bank of New York (改名されたもの) は米国最大の銀行になり、1929年までには世界最大の商業銀行になっていました。 同行は、普通預金口座の複利、顧客用当座預金、無保証の個人ローンといった、数多くの銀行サービスを初めて行ってきました。 1998年には、シティコープはトラベラーズグループと合併してシティグループを形成しました。 これは、現在でも米国史上最も大きな合併のうちの1つになっています。 シティグループは、2008年にサブプライムローン金融危機で巨大な損失を被りました。しかし、同行は潰すには大きすぎると見なされ、潰すことができなかったため、米国政府は、同行の株式の36%を政府が取得するという救済策を提供しました。これにより、シティグループは破綻を免れました。 シティグループは、2010年までに政府に全額を返済し、また、米国政府もその株式を売ることで利益を得ました。 シティグループの取引: 知っておくべきこと

  • シティグループの通年および四半期ごとの決算報告書は、同行の将来の業績に関する洞察を提供してくれます。 シティグループは、世界的な金融危機が起きていた2008年に大打撃を受けました。また、同行はそれ以来連邦緊急援助資金を返済していますが、連邦準備制度理事会は同行が2012年のストレステスト (2008年の金融危機と同様のシナリオを生き延びるのに十分な資本を、同行が持っていることを確認するためのもの) に不合格であったと報告しました。 将来のストレステストの結果は株価に直接影響を及ぼすでしょう。
  • 政府による資金援助はシティグループの株価下落の原因となり、同行のブランドにマイナスのイメージが生じました。 同行の株式はまだ過小評価されています。これは、つまり今が買い時であることを意味しています。アナリストも同行について継続的な回復を予測しています。
  • 金利は、低金利が数年間続いた後は上昇する可能性があります。 金利が上昇している環境は銀行にとってプラスになるものです。銀行は高い金利から利益を得るからです。

シティグループ株の取引を希望する方は、取引を行う前に市況と同行の最近と過去のパフォーマンスについて注意深く調査・分析を行わなければいけません。

シティグループを取引する