グーグル (GOOG)

会社の歴史

グーグルはリサーチプロジェクトとして1996年に始まりました。 スタンフォード大学の学生であったラリー・ペイジおよびサーゲイ・ブリンが、独自のPageRankアルゴリズムによる検索エンジンを開発しました。これは、特定のウェブページのバックリンクデータを重要度の尺度に翻訳するもので、それによってより関連性のある検索結果が返されるようになりました。 

アンディー・ベクトルシャイムは賭けに出て、まだ存在していなかった会社であるグーグルのために、1998年8月に最初の100,000ドルの資金提供をしました。 グーグルは1998年9月に法人化され、グーグルが既存の検索エンジンより優れた結果を返すことを人々がすぐに理解するに伴い、彼の賭けは成果を上げ出したのでした。 

同社は成長を続け、2004年8月19日には最初のIPO (新規株式公開) を行いました。 今日、グーグルはどこでも見かけることができます。 今では、「グーグルする」という語句は、いくつかの言語で一般に用いられている動詞になりました。 グーグルは独自のウェブブラウザや、オペレーティングシステム、スマートフォンの製品ラインの提供を開始しました。 グーグルのサービスには、Google Earth、Google Drive、Google Voice、Adwords、Gmailなどがあり、今日では市場を席巻しています。 

グーグルの取引: 知っておくべきこと

  • ナスダック取引所でのグーグルの取引。 2004年に、IPO価格は1株当たり85ドルでした。 グーグルは2006年3月31日にS&P 500に加えられ、株価は直ぐに7%上昇しました。 2013年10月に、株価は初めて1,000ドル越えで終了しました。 グーグルは株主に配当金を支払いませんが、急成長していること、そして高い株価のため、同社は非常に人気のある投資先になっています。 株式のパフォーマンスを評価してグーグルの株価の変動を予測するには、通年および四半期ごとの決算報告書を調べることが最も重要な作業の1つになります。 
  • グーグルの広告のビジネスモデルは、消費者にターゲット広告を表示するために検索履歴を使用するAdWordsとAdSenseに集中しています。 同社の収益は、スマートフォンテクノロジーおよびその他の製品から来ていますが、収益の大部分は広告から来ています。 グーグルがその他の収益の流れを開発できるかどうかが、同社の将来の成功を決定するでしょう。
  • グーグルは、近年いくつかの買収を行ってきましたが、最も記憶に残っているものは2006年のYouTube.comの買収でしょう。 同社は革新的・実際的なテクノロジーソリューションを提供し続けており、減速する兆候はまったく見られません。 ほとんどのアナリストがグーグル株を強く買い進めるべきだと考えています。 

グーグルは拡大し勢力を増し続けていますが、それがどれくらい長く続くかは、今のところ不明です。 グーグルの株式の取引今すぐ取得 今すぐ取得 を希望する人は誰でも、取引を開始する前に注意深く市場情勢を分析するべきです。 

GOOGを取引する